脱毛方法による違い

生理中・妊娠中の脱毛は?

投稿日:

脱毛も計画的に

脱毛サロンや脱毛クリニックは一年中営業していますが、だからといっていつでも好きな時に脱毛ができるということではありません。女性の健康はホルモンバランスの影響を受けやすいため、女性ホルモンのバランスが特に乱れがちな時期には

 

施術を断られることもあるのです。


その時期とは、生理中そして妊娠中です。ホルモンバランスの不調による体調不良に加え、その他さまざまな理由により施術ができないことがあります。

生理中の場合

ご存じのように生理前や生理中には濃くて太いムダ毛がたくさん生えてきます。そのため脱毛をいつもよりも意識するのは極めて当然なのですが、施術を受けに行く前にちょっと待ちましょう。

生理中の施術を断っている脱毛サロンや脱毛クリニックはたくさんあるからです。出欠のある状態でVIOラインなどの脱毛をするのがNGなのは当然のことですね。また、それに加えて生理中はお肌のコンディションが崩れがちなので、

 

フラッシュやレーザーを照射する施術がかえって肌トラブルを悪化させる


ことがあります。これはVIOラインに限らず、全ての部位に同じことが言えます。

妊娠中の場合

お肌のコンディションが多少不安定ということはあるけれど、脱毛の施術そのものがお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすということはありません。しかし、妊娠している女性の体調は崩れやすいものです。

突然めまいがしたり頭痛・吐き気を催したり、陣痛などの痛みが発生したりと片時も気を緩めることができません。そしてもちろん、このような状態では施術に臨むことは不可能です。それに脱毛の施術中には腹ばいなど不自然なポーズを取らざるをえません。

 

このようなポーズを妊娠中に取ると流産につながる


ことがあり、大変危険です。脱毛も気になりますが、この時期は母体と赤ちゃんの健康が何よりも大事です。脱毛は出産後にもできるのですから、今は子供を産むことだけに専念するようにしてください。

カテゴリー

最近の投稿

-脱毛方法による違い

Copyright© 横浜の評判のサロンでVIO脱毛始めよう! , 2019 All Rights Reserved.