脱毛方法による違い

SSC脱毛とIPL脱毛について

投稿日:

脱毛サロン選びをしているときによく見かける言葉に「SSC脱毛」と「IPL脱毛」というものがあります。特別な脱毛技術というニュアンスもあるこの2つが一般的な脱毛とはどのように違うのか、チェックしてみましょう。

 

SSC脱毛の正式名称は「スムース・スキン・コントロールメソッド」脱毛です。


イタリアで開発され、その後日本人の体質に合うように改良されたSSCのマシンが脱毛サロンなどで使われるようになってきています。SSC脱毛のメカニズムの特徴的な点は、光をお肌に照射する前に特別なビーンズジェルを塗布することです。

これにより光の照射によるお肌に対するダメージを最低限に減らすことが可能になります。またSSC脱毛に用いられるクリプトンライトという光もお肌に優しいとされています。このビーンズジェルとクリプトンライトの組み合わせにより、

 

単なる脱毛だけではなく美肌・美白効果も期待されています。


これからの脱毛業界を大きく変えていく技術であると言っても過言ではないでしょう。

デリケート部位にも照射可能なIPL脱毛

 

IPL脱毛は正式には「インテンス・パルス・ライト」脱毛と呼ばれています。


広帯域の光エネルギーをお肌に照射することにより効率的に脱毛を行う技術です。IPL脱毛でもSSC脱毛と同様に専用のジェルを塗ってから照射を行っています。ジェルを塗ることによりお肌へのダメージを少なくし、脱毛効果を向上させる点が共通しています。

また、SSC脱毛と同じように美白・美肌効果まで確認されており、施術にはつきものとされる痛みもあまり感じられません。唯一の違いは、IPL脱毛ではデリケートな顔の皮膚にも照射できるという点です。

 

もともとIPLの技術はニキビや赤ら顔などの症状の治療に用いられていました。


その技術を脱毛に応用しているだけですので、顔脱毛も問題なくできるという仕組みなのです。そのため、口の周りや頬(目の周りを除く)などの産毛を脱毛したいと希望する方にはおすすめの技術です。

お子様でも無理なく脱毛できる技術なので親子脱毛にも向いています。

カテゴリー

最近の投稿

-脱毛方法による違い

Copyright© 横浜の評判のサロンでVIO脱毛始めよう! , 2019 All Rights Reserved.