脱毛方法による違い

VIO箇所の脱毛方法

投稿日:

デリケートゾーンのケアのポイント

VIO箇所の脱毛方法について特に注意したい点としては、「仕上がりの美しさ」「お肌への負担」という点がポイントとなります。よく一般的にも目にする「ワックス脱毛」「医療レーザー脱毛」や「光脱毛」について見ていきましょう。

「ワックス脱毛」というのは、粘着力の強い脱毛用ワックス剤を気になる部位に塗布後、ワックスをはがし、毛根から脱毛する方法です。この方法のメリットは、「広範囲での脱毛が可能になる」ことです。

ワックスを塗布したところを一気にはがして、ムダ毛を引き抜くということなので、一本一本丁寧に抜いて行くような方法と比較するえば、その処理量はまったく違います。デメリットとしては、物理的に毛を広範囲に引き抜いていくので、痛みが大きかったり、

 

お肌へのダメージが大きくなってしまいます。


また、ムダ毛が皮膚の中で成長してしまう「埋没毛」を引き起こしてしまうこともあり、見た目の美しさが損なわれる可能性があります。次に「レーザー脱毛」です。主に美容外科などの医療機関で行われる脱毛方法となります。

メリットとしては、医療レーザー脱毛で休止期のムダ毛まで処理できれば、ほぼ永久的にムダ毛は生えてこないという点です。そして、ムダ毛のメラニン色素にのみ反応させていく処理法なので皮膚へのダメージが少なくなります。

デメリットとしては、VIO箇所などのような太い毛の場合、レーザーの照射時に痛みが強く伴うことがあることと、

 

コストが高くなりやすいという点になります。


また、通う頻度ですが2~3ヶ月ごとに、3~6回ほど通うのが通常となています。最後に、「光脱毛」についてです。こちらは、主にエステティックサロン・脱毛サロンで行われている方法になります。メリットは光を照射していくのでお肌に優しく、

 

皮膚へのダメージが少ないこと、レーザー脱毛に比べて痛みが少ない


という点が挙げられます。デメリットとしては、レーザーに比べた場合、処理した箇所からのムダ毛が生えやすい、レーザー脱毛よりも回数を頻繁に通わなければならないことが多くあります。

カテゴリー

最近の投稿

-脱毛方法による違い

Copyright© 横浜の評判のサロンでVIO脱毛始めよう! , 2019 All Rights Reserved.